指紋照合システムやDNA検査ソフトウェアといったテクノロジーは、法執行機関による捜査の精度や速度を向上する上で必要不可欠な存在です。その一方で、法執行機関に逮捕・起訴された被告人が捜査に使われたテクノロジーに疑義を呈する権利も認められるべきだとして、アメリカ・ニュージャージー州の裁判所が「DNA検査ソフトウェアのソースコードをチェックする権利」が殺人事件の被告人にあるとの判決を下しました。

続きを読む…