いちばん最近電車に乗ったのは、いつだったろうか? 記憶が間違いなければ、2020年4月3日だったと思う。通勤していたころは、JR新宿駅に出て、そこから徒歩約10分の当サイトの編集部に通っていたものだ。2月の中旬にテレワークになり、それからは必要な時にだけ編集部に行く。そんな生活が3カ月。電車に乗ったのが1カ月半も前のこととは……。

その間に、私(佐藤)の自宅での作業環境は一変した。本来の仕事場であった編集部を凌ぐ勢いで机まわりが整ってしまい、もはや外出自粛のいかんを問わず、出勤する気が失せつつある。まさかここまでパワーアップさせてしまうとは、自分でも驚きだ……

・はじめはローテーブル

家での仕事を本格化させた当初、私はワイヤレスキーボードとノートパソコンのスタンドだけを持ちかえり、ローテーブルに向かって作業をしていた。当然ながら、その環境は長時間の座り作業に不向き。テーブルが低く、雑誌などでかさ上げしても、バランスが悪い。

このままでは腰を痛める。プレミアムゲルクッションを購入したものの、そもそも作業姿勢の根本的な改善にはならない。遠からぬ将来、肩こりと腰痛に悩まされる羽目になる。そう判断して、机と椅子を購入することに決めた。

・机に椅子、モニター

まずは楽天市場でバランスチェアを購入。同じく楽天でパソコンデスクも購入した。それぞれ価格は7000円前後だ。

ノートパソコン1台をデスクに置くのは、ちょっと寂しい。そう思い、最寄のパソコンショップで22インチのモニター(6000円前後)も手に入れた。

・新パソコンにモニターアームまで

ずいぶん快適にはなったけど、ここで重大な問題にぶち当たる。それは、使用しているパソコンの限界が近づいていたのだ。約5年前に購入した「VAIO Z」はいまだWindows8で使用している。タッチパッドは酷使しすぎて反応がイマイチ。活発にライブ配信をしていきたいと思っていたのだが、このマシンで仕事も配信もし続けるのは難しい。そこで思い切って、ASUSのゲーミングノートをアマゾンで購入した。約12万円である。

よし、これでVAIO Zのアップデートを安心してできるし、タイミングを見計らって修理にも出せるというものだ。それまでは補助的な作業に、このパソコンを使うことができるぞ。

これで購買欲求は十分に満たせた。と思ったら、2台のパソコンと1台のモニターをデスクに並べるには、ちょいと狭すぎることに気が付いた。そこで今度は、モノタロウでモニターアームを購入した次第だ。約8000円。

そうして、私史上いまだかつてないほど、最高(暫定)の作業環境を手に入れるに至ったのだ。

環境は最高だが、これで最高の記事を書けるとは、もちろん思っていない。しかしパフォーマンスを上げるのに、環境を快適に保つのはとても重要だ。誰あろう、私自身がパフォーマンス向上に期待して、これだけ整えた訳だ。きっと書ける! 最高の記事を書いて行ける! はず……。

はたして、再び出勤することになる前に、私はこの環境に見合うだけの仕事ができるだろうか? ゲームに明け暮れる可能性は決してゼロではない。どうか私が仕事に集中できるように、応援してくれ。ぶっちゃけ、ゲームの誘惑を断ち切れる自信が全然ない。この調子でいくと、次はコントローラを購入し、ヘッドセットを購入することが想定される。ひょっとして私は、ゲーム環境をパワーアップさせたのだろうか? 謎は深まるばかりだ……。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24