今週末の東京競馬場では3歳牝馬の頂上決戦・オークスが開催され、いよいよ来週は日本ダービー。途中から無観客となるなど異例ずくめだった春競馬もクライマックスを迎えようとしている。

1番人気が4連勝中とガチガチ決着に終わることの多いオークスだが、今年は少し波乱含み。予想されるレース展開をもとに、桜花賞を制したデアリングタクトの信頼度&狙ってみたい穴馬を併せて検討します!

・デアリングタクト、厳しい展開も

日曜東京のメインは芝2400mで行われる優駿牝馬(オークス)。冒頭に述べたとおり2016年から1番人気の馬が4連勝中で、また二桁人気で馬券に絡んだ馬は近10年で1頭のみ(昨年のカレンブーケドール)と、基本的には「固い」レースである。

しかし今年は波乱があってもおかしくない。というのも、1番人気が予想される無敗の桜花賞馬・④デアリングタクトに不安要素がチラつくから。

まず展開面と馬場状態から考えていきたい。今年レースを引っ張ると思われるのは、桜花賞でも逃げた⑧スマイルカナ。他に逃げ馬は見当たらず、単騎で逃げて緩いペースを刻む可能性が高そうだ。したがって余力を残した先行馬の粘りこみには注意が必要となる。

そしてNHKマイルカップやヴィクトリアマイルの結果を見る限り、東京コースは依然として前が止まりにくい馬場状態。後方から追い込む脚質の④デアリングタクトは、果たして桜花賞で披露したような直線一気の「鬼脚」を見せられるか。不発に終わる危険性はあると筆者は考えている。

また基本的には直線で外に出したいタイプだと思うが、今回は他馬からの厳しいマークも予想される。内枠からスムーズに進路を確保できるかという点も不安で、考え出すと意外に心配事が多いのだ。ちなみに関東への遠征も初めてとなる。

・先行勢はサンクテュエールに注目!

配当的な妙味が薄い④デアリングタクトを思い切って消し、今回は立ち回りの上手い先行馬を中心に「攻め」の馬券で勝負してみたい。なかでも筆者が注目しているのは⑱サンクテュエールだ。

先行して速い上がりでまとめる安定感が売りの馬。2走前のシンザン記念では、ゲートで遅れたものの折り合いを保ちながら加速して3コーナーでは好位を確保。このソツのなさというか操縦性の良さのようなものは距離が伸びるほど武器になりそうだ。

6着だった桜花賞の敗因は不明ながら、陣営のコメントなどを見ていると重馬場があまり得意でなかった可能性もある。良馬場で開催できるようなら一変を期待してもいいだろう。

また鞍上のルメール騎手は栗東所属ながら2018年、2019年と東京リーディングを獲得。今さら説明するまでもなく国内トップのジョッキーではあるのだが、東京コースでは特に堅実。こちらの手腕にも期待したい。

馬券は馬単で勝負。⑱サンクテュエールを軸(1着固定)にして、相手に⑤⑧⑩⑯⑰。今回は中団より前のポジションを取れそうな馬を重視した。

一般的にデリケートといわれる3歳牝馬のレースだけに、オークス当日はパドックでの状態にも要注目。イレコミ具合や馬体重の増減などにも注意してみると面白いだろう。それでは今週末もステイホームで競馬を楽しもう!

参照元:JRA公式サイト
予想・執筆:グレート室町
Photo:RocketNews24.