お〜い、みんなァ! ダイソーに気になるモンが売ってたぞッ!! 何かというとスパッツ。それも単なるスパッツではなく、「ひんやり冷たい接触冷感スパッツ」とのこと。ひんやりスパッツ、イイじゃない。女性用だけど、男がはいたってイイじゃない。

ということで今回、200円の「1分丈」と、それぞれ300円の「7分丈」&「10分丈」を購入。それぞれはきくらべてみたところ……いろいろなことがわかったぞ!

・1分丈(200円)

まずは最も安い1分丈から。材質は3種類ともにポリエステル94%のポリウレタン6%。この比率が “ひんやり冷たい接触冷感” を実現するのかも……と思うとワクワクしてくる。そしてさっそく足を通してみると……

悪くない。普通のスパッツとして悪くない。私、キックボクシングを習っているのだが、キックパンツの下にはくスパッツ、これでもイイかなと思っている。これは使える。だが、さらに使いこなしたいのであれば……

裾の部分を内側に巻き入れてしまえば……

ストロングスタイル! 完全に新日本プロレスのヤングライオン的な「黒パン」のコスプレをすることが可能。実用的なうえにコスプレもできて200円なら「買い」かと思う。これはアリだ!

・7分丈(300円)

広げてみた第一印象は「長い」。先程の1分丈と比べると、圧倒的に長い。これ、7分丈じゃなくて10分丈なんじゃ……と思うくらい長く感じたが、いざ足を通してみると……

技巧派のヒール(悪役)感。かつての新日本プロレスで例えるならば、『ブロンドアウトローズ(レイジングスタッフ)』的なアウトロー感。思わず武器を手にしたくなる「技巧派の丈」だ。いぶし銀を気取りたいならコレを買うのが良いだろう。

・10分丈(300円)

最後の10分丈は、その名に恥じない圧倒的な長さを誇っている。これで300円なら7分丈は250円にしてほしいところだが、きっといろいろ面倒臭いのであろう。なお、足を通してみたところ……

格闘技で言うなら「シュートボクシングの選手」的な印象になるが、尻を突き出したり、逆立ち等のポーズをしてしまうと、とたんに……

江頭2:50っぽくなってしまうので注意が必要だ。ちなみに今回、逆立ち(三点倒立)をしてみてわかったのは、人間、逆さになると……

まるで別人になるということである。自分探しをしている人たちは、ためしに逆立ち(三点倒立)で自撮りをしてみると、新たな自分が見つかるかもしれない。

なお今回3種類をはいてみて、適度に動き回ったりもしたが、結局のところ何がどう「ひんやり冷た」くて「接触冷感」なのかはわからなかった。あまり過度な期待はせず、普通のスパッツ、もしくはコスプレ用として購入するのが良いかと思う。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む