新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、多くの国々で生活必需品や衣料品、食料品の買い占めが発生しており、日本をはじめとするいくつかの国々ではトイレットペーパーの品切れが相次ぎました。非常時において急に注目を集め、「世界で最も過小評価されている文化財」とまでいわれるトイレットペーパーの歴史について、ジャーナリストのStefan Dege氏が解説しています。

続きを読む...