「袋はご入用ですか?」。2020年7月1日からレジ袋が有料になったことで、会計する際にこのようなやりとりが増えた。私(佐藤)は以前買ったレジ袋を持ち歩き、聞かれる前に出すようにしているのだが、時々持ち歩くのを忘れてしまう……。マイバッグを携行しようにも、オッサンの私にちょうど良さそうなものがなかなかない。

どうしたものか……と思っていたら、東急ハンズで良い品を発見したので紹介したい! 私と同じくマイバッグの選択に悩む人に、ぜひともオススメしたい商品だ。

・カラビナがついている

紹介するのは、WEEKEND(ER)の「HUNGBAG」だ。種類はS、M、L、そしてBento(弁当)という平置きできるタイプの4つ。Sならコンビニで一番使われている小さなサイズで、Lであれば買い物が多種になっても対応可能とのことだ。ちなみに色は白、黄、黒の3色。

コレの良いところは、とにかくかさばらない。私はLサイズ(税別1800円)の黄色のバッグを購入したのだが、折りたためば手のひらにすっぽりと収まってしまう。しかもカラビナがついているので、ベルトループやカバンのフックなどに引っ掛けておくことができる。

実際にパンツに備えられたカラビナループに引っ掛けてみると、まるでキーホルダーのように見える。サイズが小さいため、カバンに入れていても全然邪魔にならないだろう。

・撥水加工の素材

バッグとして使用する時は、小さな包みをひっくり返す。すると中から縦長に折りたたまれた袋が出てくる。

これを広げ、さらに裏返せば手提げ袋の完成だ。

使用素材はリップストップナイロン生地。水を弾くうえに良く伸びるので、雨降りの買い物でも安心して使える。中身の入ったペットボトル(500ml)を5本入れてみたが、通常のレジ袋と同じように扱うことができた。

これは素敵……なのだが、ひそかに人気なようで在庫が心配だ。というのも、私が見かけた東急ハンズ新宿店こそ大丈夫だったものの、メーカーの通販サイトだとほとんどのサイズが品切れ(2020年7月9日現在)になっていて再入荷待ちの状態なのだ。

おそらく、レジ袋の有料化が始まったことで需要が一気に増えたのだろう。とにかく小さくてキーホルダーみたいに持ち歩けるマイバッグである「HUNGBAG」。私のように持ち歩くのを忘れてしまうタイプの人には、うってつけの商品だ。

参照元:WEEKEND(ER)
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24