自宅に居ながらデカ盛りできる術はないのか? 自粛期間中、ひそかにそんなことを考えていた。今は出前サービスが充実しているので、ひょっとしたら家でもデカ盛りできるかも。そう思い、UberEatsを検索していたところ、ちょうど良いのがあった!

都内を中心に店舗展開する二郎インスパイア系の「ラーメン豚山」では、サイドオーダーで「豚」……つまりチャーシューを丸ごと注文することができる。これの500グラム(1500円)を頼んでラーメンにトッピングしたら、すげえことになった! 家でデカ盛り成功だ!!

・まるでバゲットのよう

本来であれば、カットして少しずつ食べるべきところ。しかし頼んだ以上は一緒に食べたい! それが人情ってもんだ。そこで思い切って汁なしラーメンにチャーシュー500グラムを乗っけたら、麺が見えなくなった。器の上にバゲットが乗っているようにも見えなくはない。

豚の追加トッピングには2種類ある。1つが今回注文した500グラム。もう1つが300グラム(1000円)である。1枚150円で追加トッピングもできるのだが、ちまちま1枚ずつ注文するのは面倒だ。それなら塊で注文してしまえ! ということで今回のオーダーに至った。

商品は汁なしラーメン(1180円)とタレに玉子。それに追加の豚だ。ジップロックの中に豪快に入っている。

汁なしラーメンは最初に麺の上にタレをかけて、60秒ほどかき混ぜるそうだ。

その上に通常のチャーシューやニンニク、玉子(卵黄)を乗せて一旦完成。

・思い切ってトッピング

ここからが本番。これでも十分美味そうだし、量も申し分ない。麺は200~250グラムあるようだ。これ1杯で満腹間違いなしだが、もう1歩進もう。追加オーダーの豚を乗せる。まずは小さい方の肉片をライドオン!

続いて、20センチはある豚のバズーカを搭載だ。箸で持つと、重い上に崩れそうなほど柔らかい。早く乗せないと崩れるっ!

無事にすべてを乗せた “俺流” 汁なしラーメンの完成だ。

チャーシューを切らずに食うなんて、なんて贅沢! こんなの家じゃなきゃできないよマジで。しかも自作ではなくお店の味。生活に不便はあるけど、サービスを利用するという1点においては良い時代になったのかも。

食べ始めてすぐに気づいた。こりゃ完食できん。ラーメンを平らげて、豚も食べ切ることは困難……。でも大丈夫! 家だからラップで巻いて冷蔵庫にしまえばいいのでござる! 家でのデカ盛りは良いことしかないな。美味しく食べられて、残してもすぐに冷蔵庫に入れておくことができる。豚山の豚、チャーシューを思いきり食らいたい人にオススメである。

参考リンク:ラーメン豚山
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24