2020年7月13日から26日までの期間限定で、ドミノ・ピザが「裏ドミノ」シリーズの第2弾を販売開始した。昨年、同シリーズの『ツンデレピザ』などが話題になったのを覚えている方もいるだろう。

今年のラインアップも『背徳の高麗カルビ』や『禁断の炭火焼ビーフ』など、商品名を見るだけでウマそうなものが並んでいる。しかし、その中に一見して様子のおかしいメニューが。『3㎏ポテトフライ』である。

チーズを1㎏乗せてしまったピザも相当ヤバかったが、今度は普段からあるポテトを3㎏まとめてご提供。なんという凶行。さすがに3㎏はやりすぎだろ! 誰か止めなかったのかよ! ということで、さっそく買ってみることに。

・1度で4種のフレーバー

ちなみに『3㎏ポテトフライ』の注文は、公式HPの「サイドメニュー」のページを一番下までスクロールすると出てくる。「ピザメニュー」の「裏ドミノ」の項目内には、文字通りピザのメニューしか載っていないので気を付けて欲しい。

お値段は税抜きで2499円。最初から、「ポテトフライ」「コンソメポテト」「チリガーリックポテト」「バターポテトフライ」の4種類のフレーバーを楽しめるようになっているとのこと。それぞれのフレーバーを、1㎏ずつ税抜き999円で購入することも可能だ。

・ガチに3㎏

今回は徒歩で10分ほどのところにある近所のドミノにてテイクアウトで購入。どんな感じで提供されるのかと思っていたら、めちゃくちゃデカいピザの箱に入ってくる仕様。最初から「3㎏」と名前に入っているので覚悟はしていたが、実際に持ってみると重さにビビる

まさかフライドポテトの重さで腕をプルプルさせる日が来るとは思っていなかった。

ちなみにこのポテトの入った箱のデカさは、Mサイズのピザの箱よりも2回り……いや、3回りほど大きい。正直、徒歩でテイクアウトするのはかなりしんどいので、車かデリバリーを頼むことをお勧めする。ウーバーイーツなどの配達の場合は、配達人の装備によっては相当キツい気がする。これが水平に入る鞄があるのか疑問なレベル。

実際に重さを調べようと思ったが、手持ちの料理用の計量器では箱がデカすぎて無理だった。仕方がないので体重計に乗せてみたところ……3キロをわずかにオーバー。箱ごと乗せて3kg超えなので、『3㎏ポテトフライ』はガチにほぼ3kgあると見てよさそう。

・怒涛のポテト

それではいよいよドミノの凶行とご対面といこう。ふたを開けると

怒涛のポテト! ドミノのポテトは割と1本1本が太いタイプ。それが3㎏分ともなると迫力が違う。きっと普通に生きていてこの光景を見る機会はなかなかあるまい。ドミノで買わない限りは。なんだか無駄に貴重な経験をした感があるのがやや悔しい。

それにしても凄い量だ。ポテトの匂いでむせそうなレベル。ばらつきがありそうなので、なんとなく数えてみたところ232本だった。かなりどうでもいい情報だとは思うが。

・大人数用

ということで『3㎏ポテトフライ』だが、言うまでもなく3㎏は伊達じゃない。食べ進めながら執筆しているが、正直言って終わりが見えない。むしろ敗北がチラついている。なんだか思考も緩慢になってきた。1人で勢いに任せて買うなら、かなりの覚悟をしておくべきだろう。

2人でもまだキツい。5人くらいでようやく、1食分をポテトのみにするくらいの腹積もりでちょうどいいのではないか……そんな気がする。何にせよ軽率に注文してはならない。ただし、3㎏のポテトを独り占めすることで得られる幸福感は特筆に値するという個人的な感想も、最後に付け加えておこう。

参照元:ドミノ・ピザPR TIMES
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.