2020年8月3日夜から4日未明にかけて、満月が夜空を照らすぞ! ネイティブアメリカンによる8月の満月の呼び名はスタージェンムーン。英語でスタージェン(Sturgeon)とはチョウザメのこと。チョウザメムーン

今夜の夜空を飾るのは満月だけではない。昨夜に続き、国際宇宙ステーション(ISS)が今夜も日本列島上空を通過する予定だ! 満月とISSを両方エンジョイするチャンス

・チョウザメ

まずはチョウザメから。チョウザメには淡水性と、産卵の時にだけ海から遡上(そじょう)してくる遡河性(そかせい)のものがおり、北半球にしか住んでいない。大型になる種が多く、全体的に長生きする魚だ!

日本でも昭和ごろまで北海道の川で遡上する姿が見られたようだが、環境省のレッドリストでは既に絶滅したとされている。8月の満月がチョウザメの名を冠しているのは、五大湖などでおこなわれるチョウザメ漁が最盛期を迎えるからだそう。

現存する野生のチョウザメたちは世界中で絶滅の危機に瀕しており、国内では先述のとおり絶滅済みだが、養殖は割と日本各地で行われている。そのため意外なところで肉を提供するお店があったりする。ちなみに2018年には愛知県の東三河が「チョウザメが村の人口を超えた」と自虐的な観光ポスターを作製して話題になったことも。

The Old Farmer’s Almanacによると、他にはFull Green Corn Moon(緑トウモロコシムーン)、Wheat Cut Moon(麦刈りムーン)、そしてBlueberry Moon(ブルーベリームーン)と言った呼び名があるそうだ。

・満月と国際宇宙ステーション

国立天文台によると、東京でのチョウザメムーンの出は18時45分。23時49分に南中し、4日の午前4時57分に入りを迎えるもよう。満月となる瞬間は、4日の0時59分だそうだ。

是非とも月と一緒に楽しんでいただきたいのが、国際宇宙ステーション(ISS)。ネット上では昨日8月2日が観測チャンスという話が広くひろまった感があるが、実は観測のチャンスは終わっていない

JAXAによると、今夜は19時44分ごろから北西の空に見え始め、19時49分に東南東の空に消えていくそうだ(東京基準)。詳細な時刻は観測地点によって変わり、観測可能なのは数分のみ

JAXAの公式HPにて日本各地での見え始めの時間や方位などを知ることができるので、見たい方はお住まいの地域に合わせてチェックした方が良さそう。ちなみに東日本で割とよく見えるが、西日本から九州にかけては見えづらくなり、沖縄からは見えないようだ。

・天気は?

最後に気になる天気についてみていこう。気象庁によると、東北や北海道を除くほぼすべてのエリアで晴れマークが出ている。遅い時間になると曇に変わるところもあるようだが、満月なら多少曇っていても見ることができるだろう。

長く続いた梅雨のおかげで、久しく夜空を見上げていないという方もいるのではないだろうか? 天候に恵まれそうな地域の方は、今夜はISSと満月の両方を観測してみてはいかがだろう。

参照元:The Old Farmer’s Almanac(英語)、東三河広域連合、国立天文台[1][2]、JAXA気象庁環境省(PDF)
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.