吉野家が明日2020年8月6日午前11時から、『肉だく牛カレー』の販売を開始する。従来の『牛カレー』と比較して肉の量が1.5倍になったカレーのようで、テイクアウトも可能らしい。価格は並盛が税別598円、大盛りが税別648円となる。

これを読んで、価格よりも何よりも「肉だく」の部分が気になっている人は多いのではないか。肉だく。そう、今年4月に発売開始した『肉だく牛丼』のカレー版。つまり、肉だくの波がカレーにまで押し寄せているということだ。

この肉だくウェーブ、乗るしかない! という気持ちから吉野家に突撃する人のために、お伝えしたいことがある。焦って波に飲まれないよう、以下のことを心に留めておいて欲しい。

・牛肉を追加できる

まず、『肉だく牛カレー』は牛肉を追加して肉だくだくにすることが可能だ。公開されたリリースを読むと、

「もっと牛肉を追加したい方、牛肉を味わいたい方は「牛小鉢」(本体価格167円+税)をご注文ください」

──と記載されている。したがって「牛小鉢」を注文さえすれば自動的に牛肉が追加されるわけだが、気になるのは牛小鉢を何個でもカレーに追加していいのかという点。もしかしたら、お店の人は「マナー的にちょっと困る」と思うかもしれないので、そのあたりのことを吉野家の “中の人” に聞いてみたところ……

中の人「吉野家の牛肉大好きな方のための商品ですので、牛小鉢は何個でも追加いただけます

——いくつでもOKという豪快な返事が返ってきたから、遠慮はいらない。食べ切れる人は、肉マウンテンカレーにするのもいいだろう。ただし! “中の人” は以下のように注意喚起をしている。

中の人数量によっては、牛皿をご注文いただいた方がお得になりますので、従業員にご相談ください」

──つまり、吉野家が「もっと牛肉を追加したい方は牛小鉢をご注文ください」と言っているからって、牛小鉢だけにこだわると損をするケースもあるということ。よって、牛肉を追加しまくる人は牛小鉢以外にも「牛皿」という選択肢があること、場合によってはスタッフのアドバイスに従うことも忘れてはならない。

このあたり、「牛肉を追加しまくってやる」と気合が入っている人ほどミスしがちかと思われる。お気をつけいただきたい。

・食べ方について

ちなみに、“中の人” から聞いた食べ方の情報もシェアしておくと……

「牛肉とカレーの相性が良いので、私は生姜も一緒に食べるのが好きです」

──とのことなので、肉だく牛カレーを食べる予定の人は「紅生姜」を試してみてはいかがだろうか。

最後にもう1つ! 例によって、吉野家の中には肉だく牛カレーを販売していない店舗がある。それを以下に記載しておくから、最寄りの店舗が対応しているかどうか確認しておいた方がいいだろう。

【販売していない店舗一覧】

北海道:札幌駅APIA店
青森県:弘前中央通り店、吉野家×はなまるうどん 十和田店、吉野家×はなまるうどん むつ中央店
岩手県:盛岡バイパス上田店、吉野家×はなまるうどん 大船渡店、4号線花巻中央店
宮城県:仙台小鶴店
秋田県:秋田新国道店
山形県:山形西バイパス店、吉野家×はなまるうどん 天童南店
福島県:福島競馬場店
栃木県:宇都宮宮の内店、栃木大町店、ジョイフル本田宇都宮店
群馬県:イーサイト高崎店、伊勢崎宮子店
埼玉県:16号線岩槻店、イオンモール川口前川店、463号線バイパス和ヶ原店、戸田競艇場店
千葉県:JRA中山競馬場店、成田国際空港第2サテライト店、カインズホーム市原店
東京都:西新橋店、市谷本村町店、豊洲市場店、蒲田西口店、東京競馬場店
神奈川県:長津田店、たまプラーザテラス店、藤沢北口店、412号線厚木林店
新潟県:新潟競馬場店、新潟とやの店
石川県:金沢久安店
山梨県:甲府バイパス上町店
岐阜県:屏風山パーキングエリア上り店
静岡県:吉野家×はなまるうどん 浜松アリーナ店、掛川パーキングエリア上り店、足柄サービスエリア下り店
愛知県:名駅サンロード店、四軒家店、美合パーキングエリア下り店、尾張一宮パーキングエリア上り店、吉野家×はなまるうどん 安城横山店、中京競馬場店
京都府:京都競馬場店、宇治槙島店
大阪府:吉野家×はなまるうどん 心斎橋店
兵庫県:吉野家×はなまるうどん 飾磨浜国通り店
岡山県:30号線十日市店、吉野家×はなまるうどん 倉敷児島店
広島県:イオンモール広島府中店
山口県:佐波川サービスエリア上り店
香川県:吉野家×はなまるうどん ゆめタウン高松店、吉野家×はなまるうどん イオンタウン観音寺店
福岡県:小倉競馬場店、吉野家×はなまるうどん 福岡空港国内線ターミナルビル店
沖縄県:イオン具志川ショッピングセンター店

これを見て大丈夫そうだったら……! あとは販売開始時刻(8月6日午前11時)以降にお店に行けばいい。そして,カレーに押し寄せる “肉だくウェーブ” を好きなだけ味わってくれ。

参照元:吉野家「肉だく牛カレー」 「販売していない店舗一覧」(PDF)
執筆:和才雄一郎