それは先日のことだった。家で作業に明け暮れた昼下がり。小腹が減った私(中澤)はミニストップに向かった。ギラギラの太陽とじとじととした蒸し暑さ。ミニストップのひんやりした空調をオアシスのように感じたことを覚えている。

異変に気づいたのは、スイーツコーナーに差し掛かった時。いつもすました顔で選ばれるのを待っているスイーツたちが、なぜだかザワザワしている気がする。そこで、スイーツコーナーに立ち寄ってみたところ……なんじゃいこりゃあ!?

私は思わず心の中で叫び声をあげてしまった。それもそのはず、1つだけクソデカイカップがスイーツの顔して並んでいたのである。横幅は他のスイーツの2倍くらい、高さは棚ギリギリ。周りの華奢なコンビニスイーツと並ぶとカップと言うかバケツやん

・棚に引っかかるほどクソデカイ

パッケージを見てみたところ「ぱんぱんパンケーキ(税込453円)」という名前のようだ。パンケーキが3個詰め込まれているという「ぱんぱんパンケーキ」。スイーツ棚から取り出そうとしたところ、頭が棚板に引っかかってうまくいかない! パンパンすぎるだろ!!

っていうか、どうやって入れたんだよコレ? 入ってるんだから出せないわけはないよな? そう自分に言い聞かせ、高さと角度を調整しつつ慎重に取り出したところ、知恵の輪みたいにある角度でスポッと抜けた。もう1度言うパンパンすぎるだろ

・3つのパンパン

家に持ち帰り開けてみると、パンケーキだけじゃなくカスタードクリームや生クリームも結構ガッツリ入っているじゃないか。柔らかいスポンジケーキの隙間を埋め地層のように重なるクリームは、食べてみると、パンケーキをトロける甘さでドレスアップするかのような味である

そのカロリーは713キロカロリー。本来なら、シェアしたり、何回かに分けて食べるべきものなのかもしれない。しかし、甘いモノに目がない私。途中で止めることもできずに1人で食べきった結果……

胸がパンッパンや

というわけで、このパンケーキの「ぱんぱん」には3つの意味があることが判明した。1つ、パンケーキの数を表す「ぱんぱん」。2つ、売り場が「ぱんぱん」。最後に、胸が「ぱんぱん」である。いくら何でもパンパンすぎだァァァアアア!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.