東京から南西におよそ2000km、台湾の地で世にも恐ろしいハンバーガーが誕生してしまったようだ。その名も『チョコレートワッパー』──。お分かりの通り、台湾のバーガーキングで発売されたチョコレートたっぷりのハンバーガーである。

チョコレート……ワッパーだと? どうせふざけ半分のハンバーガーだろ……と思いきや、これが爆売れしているというから驚くしかない。どう考えてもヤバい予感しかしないが、存在を知ってしまった以上、試してみるしかないだろう。

・まさかの爆売れ

情報サイト「自由時報」によれば、チョコレートワッパーは10年ぶりに復活したバーガーキング台南店の再オープンを記念して開発されたアニバーサリーメニューだという。チョコレートにはお馴染みのHERSHEY’Sが使用されているというが、問題はそこじゃない。

久しぶりにバーガーキングがオープンして嬉しい気持ちはよくわかる。……が、なぜチョコレートをかけてしまったのか? 「チョコレートはHERSHEY’Sです(キリッ)」とか言われたところで「じゃあ、食べてみようかな!」となる人間がどこにいるのだろうか? 完全に目測を見誤っているとしか思えない。ところが……。

結果的に『チョコレートワッパー』はまさかの爆売れ。バーガーキング台南店は台湾30年のバーガーキングの歴史の中で過去最高の販売記録を樹立し、チョコレートワッパーも1日で506個を売り上げたという。……マジか。そこまでスゴイならば試してみるしかあるまい……イヤだけど。

・再現してみた

というわけで、用意したのはチーズワッパーとHERSHEY’Sのチョコレートソースである。実際のチョコレートワッパーとはやや違う可能性もあるが、基本的にはワッパーにチョコレートソースをかければ大きく違うことはないハズだ。そしていざ……

チョコレートソース投下!

投下!!

投下ァァァァアアアアアア!!

キャーーーーーーッ!!

見た目は非常におぞましい『チョコレートワッパー』が完成してしまった。というか、ビジュアルだけでここまで食欲が湧かないハンバーガーも珍しいのではないだろうか? く、食いたくねぇ……! ところがどっこい、数秒後に奇跡が起きてしまった──。

・え、ウマい

ウマいのだ。普通に……どころか、もしかしたら通常のチーズワッパーよりもチョコレートワッパーの方が美味しいかもしれない。見た目は最悪であるものの、味に関してハッキリ言って激ウマ。まさかこんなことが起きてしまうとは……正直、すまんかった。

絶対に合わないと思われていたチョコレートソースだが、2つの点で素晴らしい働きを見せていた。1つは口当たりが非常にマイルドになること。通常のチーズワッパーはやや酸味が強い味付けだが、チョコレートソースは酸味のトゲを無くし、全体をマイルドに仕上げる働きをしていた。

さらに、甘みと苦みのチョコレートソースが加わることで、味に深みが出ていたこともポイントだ。懸念していた甘みはそこまで強くなく、むしろ他の具材と交わることで旨味として感じられた。先入観さえなければ、チーズワッパーよりも好きだという人の方が多い気さえする。

さらにさらに、なんなら「追いチョコ」も意外と悪くない。いわゆる “甘じょっぱい系” のグルメがお好きな方ならば、抵抗感なく受け入れられるのではあるまいか? さすが、チョコレートワッパー。1日に506個を売り上げただけのことはある。

とにもかくにも、恐る恐る試した『チョコレートワッパー』は激ウマであった。いずれ日本でも発売される可能性はあるものの「食べてみたい!」という人はご自身で再現してもいいだろう。マジで結構イケるぞ!!

参照元:自由時報
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.