手首に線を刻むより、フランス料理を食べていく - トイアンナのぐだぐだ

手首に線を刻むより、フランス料理を食べていく - トイアンナのぐだぐだ

10年以上前。首を吊った。生還した。数日寝込んだ。頭痛がひどかった。視界はぼやけていた。吐しゃ物で臭う寝床。自分の身体にかろうじて残っていた「死ぬ気」まで使いつくし、寝床で呻くしかなかった。 2日後。私は「山猫軒」という店名からして厄介そうな店にいた。シェフは当時、強烈な反原発主義者で、脱原発論を聞...

はてなブックマーク - 手首に線を刻むより、フランス料理を食べていく - トイアンナのぐだぐだ はてなブックマークに追加