突然だが、あなたは自動販売機でジュースを買う時、どれを買うか迷ったことはないだろうか? 私(中澤)は、結構いつも迷ってしまう。事前に決めていても、いざ色んなジュースを目の当たりにすると「こっちも良いな」となっちゃうのだ。

しかし、私を含む優柔不断さんたちも、こんな自販機なら迷わなくて済むかもしれない。JR上野駅構内にりんごジュースしか売っていない自販機が登場したのである。

・りんごジュースのみ4種類

JR東日本の東京駅と上野駅の駅構内に、2020年10月6日から期間限定で設置されるというこの自販機。私は、JR東日本ウォータービジネスのニュースリリースで知ったのだが、りんごの品種毎に違う味わいが楽しめる「青森りんごシリーズ」が最大4品種楽しめるものなのだそうだ。

青森駅、新青森駅、弘前駅と設置してきて、10月6日に期間限定で東京駅と上野駅にも設置されるという。実は、無類のりんごジュース好きである私としてはこれは見逃せない。

・公園口改札入ったところ

というわけで、ダッシュで行ってみた。ちなみに、上野駅の設置場所は3階コンコース公園口改札前付近とのこと。公園口から改札を入ると……

! さっそく右手に発見

・予想外の事態

自販機にはりんごの絵が描かれており、側面に「りんご自販機」とも書かれているため、遠目でも一発で分かった。どのりんごジュース飲もうかな~♪ やっぱりりんごジュース好きとしては、数量限定販売の「青森りんご 世界一(300円)」を飲んでみたいところ。

だがしかし! 自販機の前に到着すると、予想外すぎる光景が私を待っていた!! 迷うまでもねェェェエエエ!

まさかの……

全商品準備中

そう、まだ補充されてなかったのである。確かにニュースリリースを見てテンションが爆上がりした私は昼ご飯も食べずに速攻来たが、うっかりJR東日本ウォータービジネスを追い越してしまうとは。ダッシュしすぎたのかもしれない。

しかし、もはや完全にりんごジュースの舌になっている。りんごジュースを飲まずには帰れない。と、その時気づいた。りんご自販機で売っている「青森りんご ふじ」が……

隣の自販機にも売っていることを。

というわけで、隣の自販機で170円で「青森りんご ふじ」を購入、りんご自販機を見ながら飲んだ。爽やかさなのど越しはそのままに、濃厚な甘みが体に染みわたるようである。

みんな! 生き急いでも良いことないぜ!!

ちなみに、18時頃にもう1回行ってみたところ、補充されており普通に買うことができました。「青森りんご 世界一」は桃ジュースみたいな甘みがありました。ウマウマ。

<完>

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.