約300万年前、南北アメリカ大陸を結ぶパナマ地峡が形成されたことで、北アメリカの動物が南アメリカへ、南アメリカの動物が北アメリカへと移動するアメリカ大陸間大交差が発生しました。この際、「北アメリカの哺乳類は南アメリカで繁栄した一方、南アメリカの哺乳類が北アメリカで繁栄しなかった」という事態が発生しており、国際的な研究チームがその謎に迫る論文を発表しています。

続きを読む…