それでも大事に使っているところに愛を感じる。