解熱鎮痛剤の一種であるアセトアミノフェンは、アメリカやヨーロッパで最も多く使われている鎮痛剤です。そんなアセトアミノフェンは痛みを抑えるだけではなく、人々の「リスク認識」を弱めて危険な行動を誘発する可能性があると、オハイオ州立大学の研究チームが報告しています。

続きを読む…