「食べ放題」は時間との戦い。限られた時間でどれだけ量を食えるかが重要だ。その時間の制約を取っ払ったサービスを、牛角の食べ放題専門店が実施していることが判明した。

牛角ビュッフェでは平日のランチで、お肉・ライス・キャベツなどのおかわり無料サービスを時間無制限で行っている。その名も「無限定食」だ! 時間を気にせずゆっくり食べ放題に挑むことができるんだぞ~!

・無限といっても限りはある

無限定食、もうその名前でだけちょっとテンション上がってしまう。大人気漫画『鬼滅の刃』に登場する無限列車を思わずイメージしてしまうじゃないか。それはさておき、私(佐藤)が訪ねたのは、東京・世田谷区の牛角ビュッフェ馬事公苑店である。

あらかじめ気をつけて欲しいのは、ランチの営業時間は15時までである。したがって無限定食のラストオーダーは14時40分までとなっている。つまり11時の開店と同時に入って無限定食を頼んだとしたら、14時40分までの3時間40分が食べ放題の限界時間である。いくら無限といっても、やっぱり時間に限りがあるので、その点を注意して欲しい。とはいえ、一般的な60分制よりもはるかに長く楽しめる点は素晴らしい。

・おかわりも電子端末で

さて席に着き、電子端末で注文を行う。コースの中から「牛角無限定食 (税別)1480円」を選ぼう。

注文を完了して、最初のライス・キャベツ・肉が提供されるのを待つことになる。ちなみにおかわりも電子端末からオーダーする。

・1皿目は200グラム

私は別途ランチドリンクバー(税別390円)を注文しておいたので、飲みものと飲み放題のスープを取りに行った。席に戻るとスターターキットがそろった。これが最初の無限定食のメンツである。

最初の肉は盛り合わせで200グラム。コレを食べ終えたところからおかわりタイムスタートである。

肉質は正直なところ、そこまで良いとはいえない。が! その分はコストパフォーマンスでカバーしているといって良いだろう。何しろ時間無制限なので、ゆっくりたくさん食べれば、満足度が高まるに違いない。

・おかわりタイムスタート!

1皿目を早々と完食しておかわり! おかわり肉はAセット(牛バラとろカルビ・牛ハラミ)かBセット(アンデス高原豚カルビ・牛ロース)のいずれかを選択する。ハラミを食いたかったので、私はAセットのみでおかわりした。

まずはおかわり1人前。

続いておかわり1人前。

途中でおかわりの提供に時間がかかったので、次はおかわり2人前。

そろそろ満腹の頃合いだったので、最後にもう1人前を頼んで終了。

以上、5人前を追加して、最後にドリンクバーに付属しているソフトクリームバーでデザートを取って、楽しい無限定食は終わりを迎えた。

会計をしてレシートを見ると、おかわり肉は5人前でゼロ円! やったね、無限定食最高!! ということで、時間を気にせず食べ放題を楽しみたい人は、牛角ビュッフェの無限定食に挑むしかない! 全集中! 肉の呼吸で食え!! 食いまくれ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 牛角ビュッフェ 馬事公苑店
住所 東京都世田谷区上用賀2-4-16
時間 11:00~15:00(L.O.14:40) 17:00~24:00(L.O.23:40) 土日祝11:00~24:00(L.O.23:40)
定休日 なし

参照元:牛角ビュッフェ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24