ほとばしる感性が止まらない。